越前蟹をはじめ、若狭の海産物やお土産のお買い求めは、越前ガニの魚屋とび魚におまかせください。
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
商品について
コンテンツ
越前がに解禁!お取り寄せ

冬の味覚の王者「越前がに」を全国各地にお届け
越前がに各サイズをそろえたカニ専門店

越前がにの魚屋 とび魚は、越前カニや若狭湾の新鮮な魚介類を販売しているお店です。 海、山、湖という大自然にかこまれた福井県。若狭の取れたてで新鮮な魚介類を販売しています。生きたまま仕入れできるかに専門店。福井県ならではのお土産物も取り扱っております。 若狭地方へお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ。

 

魚屋とび魚のズワイガニが選ばれる理由

現地の買付人との信頼関係

自分の目で見て納得しないと仕入れないをモットーに、必ず現地で蟹を見て、触って、良いカニを仕入れるために、シーズン中には何度も足を運び、現地の買付人と話をして、海の状態や、カニの状況を把握しています。そのため、身の詰まった、しっかりしたカニを仕入れることが出来ます。よく、身がスカスカだったという話を聞きますが、魚屋とび魚のカニでは、ほとんどそういった事が起きないのも、現地の買付人との信頼関係が保て要るから!
常に買付人とパイプがあるので品質は抜群のズワイガニにをお客様に提供できます。

未冷凍の釜茹でがに

お客様にお届けする当日に、活ずわいがにから釜茹でします。
カニの美味しさの重要ポイントは鮮度!水揚げしてから茹でて、食べるまでの時間が短ければ短いほど、鮮度抜群の美味しさを味わうことができます。カニは、死ぬとすぐに腐敗が始まると言われるほど、鮮度に敏感です。さらに、カニは傷みやすいので、すぐに黒化して味が悪くなります。魚屋とび魚の越前がには、茹でるまで、2℃に保った水槽で活かしているので劣化が少なく、最高の味を楽しむことが出来ます。必ずお届けする時に「活蟹」から釜茹でするので、鮮度はちろん、この黒変も起こらない最高の状態でお客様のお届けできます。一切、冷凍はしていないズッシリと重量感のある生きたカニを、現地より仕入れているので、鮮度は抜群です!

現地で仕入れる越前がにと松葉がに

すらりと並ぶ水揚げされた越前がに

越前がにでは地域ナンバーワン

福井県若狭町にある魚屋とび魚。地域ナンバーワンの仕入れ量と販売量※(自社調べ)で、カニの回転率が良い事で旅館さんや料亭さんに好評を得ています。そのため、水槽の中で何週間も活かすという事がなく、良い状態のカニをお届けできます。
ズワイガニは、養殖が出来ません。その稚魚たちが大きくなるまで十数年かかると言われていて養殖するにはコストがあいません。そのため、漁がある時に、ある程度まとめてセリ落とし、水槽で活かしておきます。しかし、餌など食べないため、長い期間水槽で活かしていると、どんどん痩せていきます。
魚屋とび魚では、お客様へ常に良いものをお届けしたいので、回転率を意識して、頻繁に活蟹の仕入を行っています。どんなに長くても1週間程度しか水槽に活かしていないため、何週間も水槽で活かしていた蟹に比べ、断然身入りが良く、甘みもあると評判です。

タグ付きのカニは本物の品質

タグ付きのカニは、各産地によって色が違います。
越前がには、黄色、松葉がにでは、兵庫県は青色、鳥取県は赤枠に白地、島根県は緑といったように各産地で各ブランド化しています。すべての国産のズワイガニに言えることはタグのついているズワイガニは、各産地が認めた品質保証という事になります。タグ付きのズワイガニは、本物(正規の品)であることを証明するものです。魚屋とび魚の越前がにや松葉がには、タグ付きの正真正銘本物の品質のカニを産地から仕入れているので安心です。各ブランドによって価格の差が出るのは、大まかには獲れる量で価格も変わってきます。ただ、越前がにに関しては、日本で唯一の皇室献上品であるという事もあり、希少価値が高く価格も松葉がにと比べると高い傾向にあります。また、皇室献上品の間違いない品質を求めるため、基準がかなり厳しくし設けてあるため、ズワイガニの中でも価値の高いものとになっています。

出荷日に越前がにを茹でるから鮮度も旨さも一味違う

家庭で再現できない美味しさ「大きな釜で茹でる」ことで蟹の旨さを閉じ込めます!

越前がにを茹でる大きなゆで釜

かにを茹でるときの大きなポイントは温度。

全国各地のイベントの時に見かける大きな鍋で炊いたお味噌汁や、煮物がとっても美味しかった経験があると思います。それは、素材から出る旨味がダシとなり、味に影響するからと言われています。
そしたら、カニを一度にたくさん茹でれば美味しくなるのでは?と思いますが違います!

確かにカニからの旨みがたくさん出てダシとしては美味しいものになりますが、旨みが逃げ出していることになり、カニの身を食べるとスカスカで味のしない身になります。それでは、せっかくの越前がにが台無しになってしまうので、かにを一度茹でた釜のゆで汁は毎回捨てます。あぁもったいないと思われますが、毎回新たにお湯を沸かすことで、蟹本来の持つ繊細なカニの風味と旨みを活かすことが出来ます。

家庭ではまねのできない大きなポイントは釜の大きさ!

大きな釜で茹でると、お湯の温度が下がらずお湯の沸いた状態をキープできます。実は、ここに大きな味の差があったのです。ご家庭の鍋だと茹でるお湯の量が少なく、カニを入れるとどうしてもお湯の温度が下がってしまいます。また、火力も弱いためお湯の温度にもムラが出てしまいます。しかし、丸海が湯がく釜は、浴槽並みの120リットルの水量で茹でるのでカニを入れても温度が下がりません。その差で旨みがギュッと閉じ込められた美味しい越前がにが茹で上がります。

出荷当日に茹でるのでカニの甘味が引き立って美味しいカニになります
出荷当日に茹でるので旨みが逃げない
出荷当日に良いズワイガニを選別してから茹でる店主

朝一番でセリ落とした「越前がに」を、プロの経験で最高の状態で茹でます。火加減、塩加減、時間などが味の決め手となります。長年の経験と熟練の技をお楽しみください。

生ズワイから仕上げた蟹味噌は最上級の美味しさ
生から茹でるからかにみそが旨い
しっかり旨みがあるのにすきっりした味わいのカニミソ

一度も凍結処理をしていない「活ガニ」を茹でたカニミソは、上品で臭みが無く、苦手な人でも食べられる美味しさです。活ガニから茹でるを一貫しているからこそ味わえる味噌の味です。

国産のズワイガニは、茹であがりの香りが豊潤
茹がきたての香りがたまらない!
ゆでたての松葉がには、香りが良くて食欲をそそります

茹で上がりの香りが違います。独特のカニの香りも濃く、香りから蟹の美味しさが分かります。茹でた蟹の柔らかで甘く、味噌の香りが混ざり合った最高の瞬間をお届けいます。

蟹の産地の中心に位置する魚屋とび魚

本ズワイガニの獲れる場所

11月6日から翌年3月20日までの冬の味覚「越前がに」と「松葉がに」

越前がにと松葉がにのの漁が出来る期間は、11月6日から3月20日ごろまで

日本海でズワイガニ漁を出来るのは11月6日の解禁日から3月20日までとなっています。
※新潟県以北の海域は、雌雄ともに10月1日に解禁で、翌年5月31日まで。

さらに、せいこがに(メス)はさらに短く1月10日までとなっています。
※メスは、資源確保のため12月で終わることもあります。

ズワイガニは、漁をすれば1年間通して獲れます。夏でも漁をすれば獲ることが出来ますが、資源確保の為に禁漁期間を設けています。そして、なによりも大切なのは美味しい旬の時期に食べてほしいという事です。
福井県で水揚げされる「越前がに」は、黄色のタグが付きます。このタグを付けた蟹を越前がにの証とし、ブランド化したのは福井県が初めてでタグ付きのカニの品質保証をはじめた先駆者です。食のブランド推進をし、品質の向上を目指す県として恥じない最高品質を目指し、長年の目利き達が納得して、太鼓判を押したのが始まりです。その後、各都道府県で、オリジナルのブランドを創り、間人ガニ、賀露がになど、より美味しいカニを目指して品質保持に努めています。せいこがに(メス)にもタグが付くこともあります。

脱皮したての雄のずわいがには、鍋でいただくと絶品

脱皮したばかりのズワイガニの事。水分を多く含み、みずみずしく芳醇な蟹の甘味が特徴で鍋によく合います。大体、1月の終わりごろから2月の終わり頃までの、越前がに、松葉がにで、ひとときしか味わうことの出来ないカニです。蟹ミソはありませんが、その分、価格が安く、本ズワイガニの足をお手軽にたくさん食べられるので、古くから地元のみんなに永く愛されているカニです。福井県では、越前がにですが、この蟹を「ずぼがに ( 水蟹 )」と言います。また、山陰地方では、松葉がにで「若蟹(わかがに」と言います。昔は、脱皮したての蟹は身がつまっていないということで、獲れても海に戻していのですが、「脱皮したての蟹は、みずみずしい甘みと旨味さがあって美味かった」と評判になっていきます。どうやって食べたのかと聞くと鍋にしたとの事。たしかに脱皮したてのズワイガニは、通常の越前蟹に比べると身が細く、蟹の殻一杯には身が詰まっていません。ですが、身が詰まっていないので、殻から身を取り出すのがとても簡単で、殻を割り引っ張ると身が「ズボッ」ぬけて、ジューシーな味わい。蟹特有の芳醇な甘味も充分にあるし、とれたての新鮮な蟹の風味は抜群に良いといつもの間にか地元の人に愛される旬の蟹となりました。

セイコガニは、12月末までしか味わえないメスのカニ

「せこがに」「こっぺがに」「香箱(こうばこ)」と地域によって呼び方は違うズワイガニのメス。
小浜ではせいこがにと呼ぶことが多く、冬になると必ず食べるカニです。1月6日の解禁日は、食卓に並び、皆が楽しみにしている地元の味です。最近では、せいこがにも全国各地で見かけることも増えましたが、数年前までは地元消費されていました。越前がにと同じ漁場のせいこがにに隣町の舞鶴、間人、兵庫県の松葉がにの漁場のズワイガニのメスを入荷しています。大きさは、オスのズワイガニと比べるとかなり小さく甲羅の大きさは、10cm程度と小さなカニです。足の身を食べるというよりも、カニミソを楽しむカニになります。それならオスのズワイガニの方が、足も大きいし、ミソもたくさん入っているのでは?と思いますが、オスのカニでは味わうことの出来ない『内子・外子』があります。内子とは、甲羅の中にある赤い身のこと。この内子はコクがあり本当に美味しいです!外子もプチプチとはじける食感が、病みつきになります。オスのズワイガニでは味わう事の出来ない「外子」と「内子」をぜひ、味わってほしいです。本当に美味しいので食べてみて下さい。絶対ハマりますよ!!!

脱皮したての本ズワイガニ

ズワイガニのメス。セイコガニやセコガニと言われ好物の人が多い

 
ずわいがにの大きさの目安

特特大サイズ 重さ1kg(献上蟹サイズ)

越前がに1gサイズの大きさ

特大サイズ 重さ900g(献上蟹サイズ)

越前がに900gサイズの大きさ

大サイズ 重さ800g

越前がに800gサイズの大きさ

通常サイズ 重さ700g

越前がに700gサイズの大きさ

中サイズ 重さ600g

越前がに600gサイズの大きさ
越前がに600gサイズの大きさ
越前がにの大きなの説明で1kg以上は献上サイズと言わています
人数 ちょっと物足りない ちょうど良い まんぷく
1人で食べる 600gサイズ 700gサイズ 1kgサイズ
2人で食べる 1kgサイズ 700gサイズ×2ハイ 1kgサイズ×2ハイ
3人で食べる 1kgサイズ×2ハイ 700gサイズ×3ハイ 1kgサイズ×3ハイ
 
越前がにを全国にお届けいたします
越前がにの大きなの説明で1kg以上は献上サイズと言わています
越前がに ボイル済み 1kgサイズ
越前がに1kgサイズの大きさ

消費期限:要冷蔵で出荷日より4日間
(要冷蔵 10℃以下で保存)

※漁模様によりお届け日の確約が難しい場合がございます。予めご了承ください。

原材料:ズワイガニ(オス):福井県産

越前がに ボイル済み 1kgサイズ
越前がに ボイル済み 900gサイズ
越前がに900gサイズの大きさ

消費期限:要冷蔵で出荷日より4日間
(要冷蔵 10℃以下で保存)

※漁模様によりお届け日の確約が難しい場合がございます。予めご了承ください。

原材料:ズワイガニ(オス):福井県産

越前がに ボイル済み 900gサイズ
越前がに ボイル済み 800gサイズ
越前がに800gサイズの大きさ

消費期限:要冷蔵で出荷日より4日間
(要冷蔵 10℃以下で保存)

※漁模様によりお届け日の確約が難しい場合がございます。予めご了承ください。

原材料:ズワイガニ(オス):福井県産

越前がに ボイル済み 800gサイズ
越前がに ボイル済み 700gサイズ
越前がに700gサイズの大きさ

消費期限:要冷蔵で出荷日より4日間
(要冷蔵 10℃以下で保存)

※漁模様によりお届け日の確約が難しい場合がございます。予めご了承ください。

原材料:ズワイガニ(オス):福井県産

越前がに ボイル済み 700gサイズ
越前がに ボイル済み 600gサイズ
越前がに600gサイズの大きさ

消費期限:要冷蔵で出荷日より4日間
(要冷蔵 10℃以下で保存)

※漁模様によりお届け日の確約が難しい場合がございます。予めご了承ください。

原材料:ズワイガニ(オス):福井県産

越前がに ボイル済み 600gサイズ